『モンスト 初心者』ギミックについて知ろう!特定のギミックにはアンチアビリティが有効!

ギミックについて

モンスト(モンスターストライク)ではクエストに応じて様々なギミックが存在します。

プレイヤーの邪魔をするものから手助けしてくれるものまであります。

ギミックにはアンチアビリティと呼ばれるギミックを無効化してくれるアビリティがあり、ステージ攻略において必須となります。

ここではギミックの詳細と対応するアンチアビリティについて解説していきます。


メインギミック

 

ダメージウォール(DW)

dw_01

画像では右下の餓鬼(がき)がダメージウォール(略称DW)を展開しています。

バトル中にモンスターなどが壁に設置し、触れるとダメージを受けてしまいます。

ダメージウォールはアンチダメージウォール/反ダメ壁(略称ADW)で防ぐことができます。

また、分割ダメージウォールという、1面ではなく部分的に貼られる場合もあります。同じくADWで防ぐことができます。

▼アンチダメージウォールのアビリティ

img_0270

img_0271

 

重力バリア(GB)

gb_01

重力バリア(略称GB)に触れるとスピードが一気に減速します。

重力バリアは大小様々な範囲があり画面全体をおおうステージも存在します。

重力バリアにはアンチ重力バリア/反バリア(略称AGB)で防ぐことができます。

また、超アンチ重力バリア(超反バリア)では重力に触れると逆にスピードがアップする強力なアビリティです。

スピードがダウンする状態ではクリアは困難、しっかり対策していきましょう。

▼アンチ重力バリアのアビリティ

img_0272 img_0265

▼超重力バリア(超反バリア)のアビリティ

img_0274

 

ワープ(WP)

screenshot-2017-01-05_15-46-44

ワープ(略称WP)に入ったキャラは別なワープから出てきます。

基本的には入った方向は維持したまま出てきますが、一部クエストではワープでは出る方向がランダムになります。

ワープにはアンチワープ(略称AWP)で防ぐことができます。

ワープが大量に発生するクエストではワープからワープへ入り何もできないこともあります。

ワープが大量に発生する場所ではアンチワープのアビリティを選択しましょう。

▼アンチワープのアビリティ

img_0275

 

地雷

screenshot-2017-01-05_15-56-14

地雷は触れることでダメージを受けてしまうorターン経過で爆発し付近にいるキャラにダメージを与えるギミックです。

マインスイーパー/地雷除去(略称MS)or飛行のアビリティで防ぐことができます。

地雷の中にはキャラクター本体に直接付けてくることもあります。

こちらはマインスイーパーのみ対応することができます。

screenshot-2017-01-05_16-09-02

また、マインスイーパーが地雷を回収した場合、回収した地雷を消費して攻撃力が上昇します。(最大4個)

上昇量はアイビリティに応じて変わります(マインスイーパー/M/L/EL)

▼マインスイーパーのアビリティ

img_0276

img_0277

img_0279

 

ブロック/からくりブロック

screenshot-2017-01-05_16-16-32

ブロックに当たると壁のように跳ね返ります。

からくりブロックは出たり、引っ込んだりをターン経過で繰り返されるギミックです。

ブロックはアンチブロック(略称AB)のアビリティで通り抜けることができます。

また、ゲージでアンチブロックを持つキャラはゲージを外すことでブロックで跳ね返る選択をするテクニックもあります。

▼アンチブロックのアビリティ

img_0280

 

魔法陣/ひよこ床

screenshot-2017-01-05_16-26-44

魔法陣に触れるとキャラクターがひよこ状態になります。

ひよこ状態では攻撃力が大幅に低下、ストライクショット封印などの弱体化を受けてしまいます。

ストライクショットが打てなくなることは非常に辛い状態なのでなるべく回避しましょう。

ひよこ状態を治すには、再び魔法陣に触れることで元に戻ります。

screenshot-2017-01-05_16-27-02

また、一度踏んだ魔法陣はそのターン中、効力を失います。

魔法陣はアンチ魔法陣のアビリティで防ぐことができます。

ゲージにアンチ魔法陣があるキャラがひよこ状態になった場合でもゲージ成功で魔法陣を踏めば元に戻ります。

ストライクショットを打つ場合、魔法陣はすべて無効化された状態になるため、ひよこになることを回避できます。

▼アンチ魔法陣のアビリティ

img_0281

 

撃種変換パネル

gekisyu_henkan

撃種変換パネルに触れるとモンスターの撃種(反射/貫通)が入れ変わります。

一度踏んだパネルは効力を失いますが、別なパネルを踏むことで何度も撃種の変化が行われます。

対応するアンチアビリティは存在しません。

ストライクショットを打つ場合、撃種変換パネルはすべて無効化された状態になるため、撃種変換を回避できます。

 

その他のギミック

 

ヒーリングパネル

ヒーリングパネル

ヒーリングパネルは触れるたびにHPが回復するこちらに有利なギミックです。

触れても効力を失わないので、往復することで何度も回復することができます。

ストライクショットを打つ場合、ヒーリングパネルは無効化されませんので回復することができます。

 

ヒーリングウォール

hiring

ヒーリングウォールが貼られた壁に触れることでHPを回復することができる有利なギミックです。

回復量はステージ毎に異なりますが、触れても消えることはありませんので何度も触れることが可能です。

また、一部キャラクターにはストライクショットで触れた壁にヒーリングウォールを展開することもできます。

▼ヒーリングウォールを展開できるSS(神化ダルタニャン)

1331f5eb93cea289c835430c0f6bfc02

 

アビリティロック

20141120_1d2

アビリティロック状態のキャラクターは自身のアビリティ効果を一切使うことができません。

例えば、アンチダメージウォールを持ったキャラクターがアビリティロック状態でダメージウォールに触れるとダメージを受けてしまいます。

アンチアビリティで防ぐ手段はありませんが、状態異常回復のアビリティで回復することができます。

アビリティロックされていない、状態異常回復のキャラクターで触れてあげましょう。

 

感染毒

kansendoku1

感染毒は感染後、次のターン一定のダメージを受けてしまいます。

また、感染毒状態のキャラクターが他のモンスターに触れると触れられたキャラクターも感染毒状態になってしまいます。

アンチアビリティで防ぐ手段はありませんが、状態異常回復のアビリティで治すことができます。

ただし、状態異常回復を持つキャラクターが感染毒状態の場合は治すことができないのでご注意ください。

※わくわくの実、毒我慢ではダメージを抑えることはできません。正式名称が不明なため、感染毒と名称しています。

 

スピード床

spid_yuka

スピード床に触れると矢印の進行方向に向かって加速or減速します。

オレンジ色が加速青色が減速です。

また、一度触れると効力を失いますので何度も使うことはできません。

アンチアビリティで防ぐ手段はありません。

 

ドクロマーク

dokuro

ドクロマークを持つモンスターを倒すと様々なギミックが発動します。

一例を上げると・・・

・モンスターの蘇生

・ダメージウォールが展開される

・ヒーリングウォールが展開される

また、一撃失心などの効果で気絶や睡眠させて倒すとドクロマークの効果は発動しません。

一部のステージではドクロマークがこちらの有利に働く場面があり、気絶や睡眠効果が不利になる場合もあります。

 

ウィンド

screenshot-2017-01-05_16-49-54

キャラクターを引き寄せたり、離したりと位置をずらしてくるギミックです。

引き寄せられた後、敵の強い攻撃を受けるなど不利になることもあります。

screenshot-2017-01-05_16-50-15

ウィンドにはアンチウィンドで防ぐことができます。

位置取りをしっかり攻略したい場合はアンチウィンドのキャラを連れて行きましょう。

▼アンチウィンドのアビリティ

img_0282

 

レーザーバリア

screenshot-2017-01-05_16-57-51

紫色(むらさき)の円がレーザーバリア(レザバリ)です。

レーザーバリアに囲われたモンスターはレーザー系の友情コンボ、ストライクショットを防ぎます。

レーザーバリアが大量にあるクエストではレーザー友情系のモンスターは控えると良いでしょう。

アビリティでの対策はありません。友情コンボやストライクショットを使い分けましょう。

▼レーザー系の友情とストライクショット(神化アーサー)

img_0286

ビットン/シールド

bit_shirud

ビットンとシールドはステージにおいて色々な役割を果たしています。

ダメージウォールを展開したり、弱点部分を守る位置にあったりと様々です。

それぞれビットンブレイカー/ビ破壊、シールドブレイカー/盾破壊で大ダメージを与え破壊することができます。

ただし、一部のステージでは膨大なHPが設定されており破壊することが困難なビットン・シールドがあります。

▼シールドブレイカー/ビットンブレイカーのアビリティ

img_0284

img_0285

img_0283

ホーミング吸収

screenshot-2017-01-05_17-48-03

モンスターがギミックのような役割を果たしています。

ホーミング系の友情コンボやストライクショットのホーミングを吸収し、ダメージが極端に少なくなります。

そのため、ホーミングでホーミング吸収を倒すのは困難です。

ホーミング吸収がたくさん存在するステージはレーザー系や優先的に狙うなどを心がける必要があります。

アビリティでの対策はありません。友情コンボやストライクショットを使い分けましょう。

▼ホーミング系の友情とストライクショット

img_0287

img_0288

 

反射制限/貫通制限

seigen

反射制限は反射タイプからの攻撃、スピードを激減させます。

貫通制限は貫通タイプからの攻撃、スピードを激減させます。

しかし、反射制限は貫通タイプの攻撃に対し倍率がかかり倒しやすくなっています。

同様に貫通制限は反射タイプの攻撃に対し倍率がかかり倒しやすくなっています。

制限モンスターが登場する場合、適した撃種を選択して攻略しましょう。

アビリティでの対策はありません。

例外として、勾玉が存在しますがこれは反射制限となっています。

▼勾玉(まがたま)は反射制限(クシナダ零のギミック)

magatama

 

サソリ型モンスター

saso01

サソリのモンスター及び、サソリ型のモンスターは受けるダメージを1にしてしまいます。

しかし、HPが低いのでたくさんの攻撃を当てるか、毒による固定ダメージで倒すことができます。

サソリ型のモンスターが多い場合は毒友情のモンスターや貫通ホーミング友情など多段ヒットできるモンスターを選択しましょう。

 

環境ギミック

クエスト全体を通して常に影響を及ぼすギミック。

宝箱を持った天使を倒すことでそれぞれのギミックに応じたポーションを出してくれます。

▼天使

kankyou_tensi

 

火山

s4YKrjAt20151211_1b

火山ステージは、毎ターンキャラクター全体に一定のダメージを与えてきます。

冷却ポーションを獲得することで一定ターン火山のダメージを防ぐことができます。

また、冷却ポーションは1キャラクターが取得してもメンバー全員に効果があり、成長することでより効果ターンを伸ばすことができます。

reikyakupo-syon

▼冷却ポーションの効果中は氷のマークが表示される

kazan01

 

氷河

890bd6f7918b2906f95f6fc6291aca2d

氷河ステージでは毎ターン攻撃力ダウンの効果がキャラクター全体に発生します。

加熱ポーションを獲得することで一定ターン攻撃力ダウンの効果を防ぐことができます。

また、加熱ポーションは1キャラクターが取得してもメンバー全員に効果があり、成長することでより効果ターンを伸ばすことができます。

b0823afd27d68211c9d3dace39b73388

▼加熱ポーションの効果中は火のマークが表示される

kanetu

 

密林

662fc2f54cdae80007816431a10fd386

密林ステージでは、毎ターンスピードダウンの効果がキャラクター全体に発生します。

ジャングルブーツを獲得することで一定ターンスピードダウンの効果を防ぐことができます。

また、ジャングルブーツは1キャラクターが取得してもメンバー全員に効果があり、成長することでより効果ターンを伸ばすことができます。

CAzVSwFzsjnH20151225_sb

▼ジャングルブーツの効果中は木のマークが表示される

jangru

 

以上、主要なギミックを記載いたしました。

今後も、新たなギミックが登場すると思いますので随時追記していきます。

 

この記事へのコメント
  1. +1 プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのストライカー :
    2017/01/25(水) 20:45:02

    OKです

  2. -2 プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのストライカー :
    2017/01/25(水) 22:08:04

    いや レザバリとか ファントムさん忘れないであげてよ 一応対策できるで AGBの所にハーメルンも入れてあげてもええんやで

  3. +1 プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのストライカー :
    2017/01/25(水) 22:38:15

    反射/貫通制限のところ、勾玉載せるならニルヴァーナのドクロも載せた方が良いんじゃないですか?